×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

石川遼の魅力

石川遼について

石川遼の魅力

 

 

2009年度、日本男子プロゴルフツアーでついに石川遼が賞金王に輝きました。その金額は1億8千万円を超えていました。最年少記録を36年ぶりに更新した石川遼ですが、その前の記録は尾崎将司が26歳の時に作った時の事だったそうです。ハニカミ王子として一世を風靡した時からわずか数年で男子プロゴルファーの頂点に立ったのです。

 

 

そんな石川遼ですが、生まれたのは1991年9月17日、場所は埼玉県北葛飾郡松伏町だそうです。ゴルフを始めたのは父親である勝美さんの影響だそうで6歳の時だったそうです。石川遼が世の中に知られる様になったのは高校1年生の時でした。

 

 

アマチュアで有りながらマンシングウェアオープンKBCカップに出場し、あれよあれよと言う間に初優勝して知られる様になりました。この時のハニかんだ様子が可愛かった事から、ハニカミ王子と言う名前まで付けられた程です。そこからプロに転向して活躍を続け、国内・海外共に精力的に活動をしてきました。その結果2009年に賞金王に輝いたのです。

 

 

石川遼と言うと、スイングが大胆で思いっきりが良いイメージが有りますよね。飛ばし屋と言う感じもします。しかし賞金王になるのはそれだけでは駄目です。その他にもテクニックを使って小技を活かしていかなければならないのです。

 

 

真面目で素直と言う印象が有りますが、ゴルフに関してはとにかく頑固で攻めの姿勢を崩さない、まさに石川遼のスタイルを貫き通すスタイルが共感を得ている様です。